静岡県中部高写連ブログ~ただいま情報発信中~

中部高写連関連のコンテスト・コンクール結果、活動報告、行事案内、加盟校各校の情報等を掲載します。

静岡県中部高等学校写真連盟です。

静岡県中部地区(静岡市、焼津市、藤枝市、島田市、川根本町、吉田町、牧之原市)の高校写真部が加盟しています。

令和2年度の加盟状況 ・加盟校11校
           ・部員数271名

年間行事 ・写真教室(年3回)
     ・撮影技能講習会(年1~2回)
     ・撮影講習会(年1回)

活動目標 ・写真技術の向上
     ・コンテスト入賞
     ・学校間、部員間の親睦を深める

ブログ開設 ・2015. 2. 19.(Yahoo!ブログ) 
      ・2019. 8. 24. (livedoor blogへ移転)

※Yahoo!ブログ時代に掲載した記事は、書式が変更になって見づらいものがあります。ご了承下さい。
※連絡を取りたい方は、「メッセージ」をご利用下さい。

日時:11月3日(火)13:00~15:00頃

会場:藤枝市文化センター 1階ホール 藤枝市駅前2-1-5
   ※藤枝駅北口から徒歩5分ほどです。

実施内容:13:00~15:00頃 

審査員・講師:東京綜合写真専門学校 高橋和海 先生

参加者:担当校は顧問(2名以内)+補助生徒(3名以内)
    担当校以外は顧問(2名以内)とさせていただきます。


応募作品について
  種類:デジタル、銀塩、カラー、モノクロいずれも可
  サイズ:A4または四つ切(裏面には応募票を添付して下さい)
  応募枚数一人5点以内
 ※裏面には予め応募票を添付して下さい。県コンクール選外作品から、写真教室未発表作品は応募できます。その際、応募票は県コンクールの応募票のままで構いません。

出欠について:10月26日(火)までに、メール又はFAXにてお願いします。
        静清高校 青木 宛(詳細は要項をご覧下さい。)

入賞について:最優秀賞1点、 優秀賞5点、 入選40点

注意:1.会場に駐車場はありません。顧問の先生方、恐れ入りますが会場付近の有料駐車場をご利用下さい。
   2.会場は他の団体も使用します。迷惑のかからないようご配慮下さい。
   3.会場は土足のまま入場できます。
   4.受付で県コンクールの選外作品を返却します。
   5.一人当たりの応募作品は、県コンクール出品作品+新しい作品=5点以内でお願いします。
   6.作品セレクト作業の時間を踏まえ、時間に余裕を持ってご集合下さい。12:30頃から 受付を開始します。
   7.新型コロナウイルス感染症対策のため、外部指導者・保護者の御来場はご遠慮下さい。
   8.当日の様子を動画で記録します。ご承知下さい。後日Youtubeから限定公開で閲覧できるようにします。
   9.高橋和海先生の講演「タイトルの付け方について」は、高橋先生に動画を作成していただき、後日Youtubeから限定公開で閲覧できるようにします。

  10.新型コロナウイルス感染症に伴う高文連主催に関するガイドライン」関連の注意事項
     ①参加者はマスク着用、入口付近に消毒薬を設置します。
     ②発熱(目安として37.5℃以上)、体調のすぐれない人、濃厚接触者(2週間以内)は参加を見合わせて下さい。
     ③席はできるだけ間隔を開けてお座り下さい。
     ④補助生徒は同意書兼健康観察票(別紙2)を顧問の先生に提出して下さい。顧問の先生方は同意書兼健康観察票(別紙3)をご利用下さい。写真教室当日に、補助生徒の分は学校ごとまとめて、顧問の先生方は直接、静清高校青木までご提出下さい。
     ⑤終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、「感染者及び濃厚接触者の対応マニュアル」に従い、速やかに静清高校青木まで御連絡下さい。

※「同意書兼健康観察票」、「
感染者及び濃厚接触者の対応マニュアル」に関してご不明な点がございましたら、静清高校青木まで御連絡下さい。

要項・会場付近の有料駐車場地図・応募票が必要な場合は下記URLにアクセスしてご利用下さい。

第38回静岡県高等学校写真コンクール結果(中部高写連加盟校のみ)

個人部門

優秀賞  「希望の光」             焼津中央高校    2年 畠山 季常 ★

奨励賞  「一丁目の夕日」      東海大静岡翔洋高校 1年 寺田 雪乃
     「淘汰されゆく情景」    東海大静岡翔洋高校 3年 八木 和幸
     「自主練」         静岡学園高校    2年 南 麻帆
     「放課と君」        静岡学園高校    2年 岩倉 采柚

入   選(学校名50音順)
     「黄昏」                  静岡学園高校    3年 杉本 美羽
     「二人だけの」               静岡学園高校      3年 河本 明日香
     「満点笑顔」           静岡学園高校           3年 濱邊 響子
     「受け継ぐ」        静岡学園高校    2年 安間 汀
     「緑の風」         静岡学園高校    3年 渡部 遙
     「少女」          静岡学園高校    3年 杉山 菜那
     「冷たい!」        静清高校      3年 金城 祥喜
     「囚われた」        静清高校      2年 加茂川 翔太
     「絆」           東海大静岡翔洋高校 3年 松村 夏妃
     「ハワイの砂化粧」     東海大静岡翔洋高校 3年 池上 茉莉花
     「シャボン玉に願いを込めて」東海大静岡翔洋高校 3年 坂下 愛華
     「親友」          焼津中央高校    1年 松尾 拓真

※ ★は県代表作品として来年度の全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)写真部門に出品されます。           
団体部門
優秀学校賞 静岡学園高校
優良学校賞 東海大静岡翔洋高校

応募数 2,576(デジタル2,564 フィルム12)
応募校 42校

表彰式は中止します。
入賞作品展は開催します。
10月24日(土)~30日(金)10:00~20:00 
浜松駅ビル メイワン7階 レストランフロア

入賞おめでとうございます。今回から応募作品数一人当たり5作品以内、入賞は一人1作品に変更になりましたが、2,576点もの作品が集まりました。入賞数は68作品。応募総数に対する入賞率は2.6%。数値的には昨年より少し緩和されましたが、入賞するには依然狭き門です。結果を見て感じたことですが、入賞者15名のうち10名が3年生です。コロナウイルス感染症対策で外出自粛要請、休校、イベントの中止等、撮影をする機会を奪われてしまい、1年生はほとんど撮影ができなかったのではないでしょうか。そのため撮りだめた作品をたくさん持っている上級生が有利になった感じもします。今年のコンクールは終わりました。今日から全員が新しいスタートラインに立って撮影活動を始めることができます。1年生は来年チャンスがあります。これからたくさん撮影して作品を撮りだめて、1年後に結果が出せるよう、活動に励んで下さい。

中日新聞東海本社様の御好意により、Youtube上に上位4作品がアップロードされます。24日(土)に審査員からの講評がアップロードされます。ぜひご覧下さい。
URL → https://www.youtube.com/channel/UC2GiVPcZHcb5OhsaL4szWeg

中日新聞HP→https://www.chunichi.co.jp/article/134832?rct=h_shizuoka

事務局

本日県コンクールの審査が終了しました。

結果は明日の中日新聞紙上に掲載される予定です。

気になる人は明日の中日新聞をご覧下さい。

事務局

静岡県高等学校写真コンクールの応募要項が発表されました。概要は次の通りです。

応募資格:静岡県高等学校文化連盟写真専門部に加盟している生徒(東部・中部・西部の高写連に加盟している学校の生徒)
部門:モノクロ、デジタルの単写真
作品サイズ:A4 又は 四切
テーマ:自由
応募方法:作品の裏面右上に別紙の応募票を貼付。期日までに別途応募先へ送付すること。応募作品は1人5点まで。
応募締切:令和2年10月1日(木)12:00必着
結果発表:中日新聞上および中日新聞ホームページ内
表彰式:令和2年10月24日(土)13:30~浜松メイワン7階レストランフロア
(新型コロナウイルス感染症の関係などで中止になる場合もあります)
入賞作品展:令和2年10月24日(土)~30(金)

応募要項・応募票・注意事項は各校にメールで届いていると思います。今年の注意点は、①応募点数が1人5点以内 ②応募宛先の変更 ③応募票の変更(学校番号記入欄を新設、応募者の住所記入欄を削除) ④応募上の注意追加変更です。

また、応募上の注意に「補足事項」を追加して、応募票貼付位置、組写真とみなされ失格となる例、スマートフォン・タブレット等で撮影した作品の失格について、二重応募について等の説明が記載されています。応募する場合はよく読んで守って下さい。

詳細は各校顧問の先生方にお尋ね下さい。

静岡県高写連事務局

第44回全国高等学校総合文化祭がWEB SOUBUNとして開催されています。写真部門では、WEBを通して都道府県の代表作品を見ることができます。

めったにない全国レベルの作品を見る良い機会です。興味のある人は下記URLにアクセスしてご覧下さい。

https://www.websoubun.com/dept/photography/index.html

静岡県高写連事務局

令和2年7月11日(土)に行われた写真教室の結果をお知らせします。

コロナウイルス感染症対策のため非公開審査で実施しました。応募枚数は一人2作品以内。入賞は一人1作品。 最優秀賞1、優秀賞5、入選30の合計36作品。

応募校は7校。中等部の併設されている学校で、中学生がたくさん応募した学校もあました。一次審査で一人1作品に絞り込む。二次審査・3次審査で入賞させる36作品に絞り込む。四次審査で上位賞6作品を決定しました。

今回は仲間内でお互いにモデルになって撮影している作品が多く寄せられました。一部の学校は彩度が高く色のきついものもありました。動物を撮影した作品が少ないように感じました。

上位賞の作品ですが、「作品から感じ取れるもの」「想像力をかきたてられるようなもの」を重視して審査していたようです。そのため少しピントの甘いものまで入賞していたように感じます。

審査を終わった後で、審査員の山田先生から、「モデルさんの撮影会は、まず最初に背景がシンプルなところを選ぶ。その次にモデルさんの表情を考える」とのアドバイス。人物が被写体の作品は背景が目立ちすぎてはダメ。絞り開放で背景をぼかしても目立ってしまう場合があるとのこと。今後の参考にしてみて下さい。

厳正な審査の結果、次のような結果になりました。

 

タイトル

学校名

学年

氏   名

最優秀賞

  横顔 

静岡市立

 

 

 

優秀賞

1 秋の笑顔

静岡学園

濱邊 響子

2 ヒョットコ発見!

静清

水野 祥太

3 見つめる先は?

焼津中央

畠山 季常

4 日が沈む前に

東海大翔洋

伊藤 亜季

5 幸せな未

清水東

飯妻 若香奈

入 選

1 あのころ

清水東

八木 美以那

2 ふとした瞬間

清水東

松本 日花里

3 覚悟

清水東

五十嵐 琴

4 授業後

静岡市立

賎機 楓花

5 視先のさき

静岡市立

高橋 彩也加

6 分岐点

静岡市立

大橋 芽生

7 サボテン

静岡市立

二宮 明日菜

8 微睡みの午後

静岡市立

大黒 実紗希

9 守りたいこの笑顔

静岡東

中川 心乃

10 部活帰り 

静岡東

 

11 横顔

静岡東

武田 菜花

12 おっとっと…

静清

加茂川 翔太

13 飛んでよ…

静清

伊藤 涼太

14 小さい秋、みつけた

静清

松浦 藍人

15 過ぎ去る暗雲

焼津中央

八木 勇史朗

16 囚われの水

焼津中央

新井 友翔

17 いざ、勝負!

焼津中央

増岡 大勢

18 STOP

東海大翔洋

中3

岡村 紗奈

19 夕陽と船

東海大翔洋

中1

吉岡 凜

20 夕暮れ時

東海大翔洋

渡邊 託巳

21 ふぅ~

東海大翔洋

胸組 恭

22 自主練

静岡学園

南 麻帆

23 青春

静岡学園

山本 真子

24 紅葉

静岡学園

渡部 遥

25 夕暮れ

静岡学園

加藤 亜海

26 いざ!

静岡学園

安間 汀

27 春の訪れ

静岡学園

長谷川 美友

28 飛行船

静岡学園

川嶋 賢太郎

29 二人だけの

静岡学園

河本 明日美

30 出港

静岡学園

萩野 向春

 

※ブログ掲載不可の場合は、学校名、学年のみ掲載としました。御了承下さい。

DSC_7383(ブログ用)  
                                                       (c)chubukosharen, 2020
事務局



令和2年度第1回 写真教室のお知らせ

応募期間:7月1日(水)~7日(火)必着
審査日:7月中旬
審査員:山田 康 先生
応募先:静岡学園高校内 中部高写連事務局 あて
作品サイズ:A4または四切
応募枚数:一人2点以内
入賞:最優秀賞、優秀賞、入選(入賞点数は応募状況に応じて決定します)
応募に関してのお願い:
1.作品は作品一覧表の通りに重ねて梱包して下さい。
2.同一生徒の作品は連続して重ねて下さい。

応募票 ← 応募票が必要な方はこちらをクリックして下さい。ワードファイルが表示されます。

コロナウイルス感染症の影響で、今回は作品応募のみ非公開審査で行います。要項は加盟校の顧問の先生方にメール送信しました。詳細は顧問の先生にお聞き下さい。

事務局

浜松市浜北文化センターで9月18日(金)~20日(日)に予定されていた、静岡県高等学校総合文化祭が中止になりましたので、お知らせします。

静岡県高写連事務局



富士フィルムイメージングシステムズ(株)より延期の連絡がありましたので、お知らせします

変更内容(抜粋)
1.2020年度に開催される展示会場全ての開催を見送りとします。
2.高文連写真専門部経由の各校写真部員の2020年における参加は取りやめとします。2021年度に向けては、来春に再度参加のご依頼をさせていただく予定です。

この件に関しては"PHOTO IS"事務局までお問い合わせ下さい。
10万人の写真展に関する詳細は、HPで公開しています。 URL:  https//photo-is.jp

静岡県高写連事務局


          2019静岡県民写真展(公募)高校生部門  結果(中部高写連加盟校のみ)
タイトル学校名学年氏名
特選大根娘静岡学園高校2濱邉 響子
(県文化協会長賞)闘志満々静岡学園高校2加藤 亜海
     
協賛賞勝利のテープ静岡学園高校2杉本 美羽
(富士フィルムShacolla賞)Travelers静岡学園高校1宮下 拓也
 覗くつもりが覗かれた静清高校3鈴木 孝英
     
入選対峙静清高校2金城 祥喜
 未来へ・・・静清高校1伊藤 涼太
 お気に入りの場所静清高校1松浦 藍人
 慈愛静岡学園高校2山﨑 すみれ
     

入賞作品展:令和2年3月17日(火)~22日(日)

      10:00~17:00
                (初日は13:00から、 最終日は15:00まで)
会場:静岡市民ギャラリー第1・第2・第4展示室(静岡県写真協会会員展併展) 静岡市葵区追手町5-1 静岡市役所静岡庁舎本館1階)

今回、中部高写連加盟校からは2校しか応募がなかったとのことです。学校ごと事情があるとは思います。しかしながら、いろいろなコンテストにできるだけ参加すると、良くも悪くも勉強になることはあるはずです。写真技術の向上のためにもぜひいろいろなコンテストに参加してみて下さい。今回入賞できなかかった人、あるいは応募しなかった人、気持ちを切り替えて、いろいろな写真の撮影に挑戦してみて下さい。次回のコンテスト(6月の写真教室?)で皆さんの傑作に出会えることを楽しみにしています。

※主催者との取り決めで、ブログ掲載は作品展開催以降としました。掲載が遅くなったことをお詫び申し上げます。

事務局

↑このページのトップヘ