静岡県中部高写連ブログ~ただいま情報発信中~

中部高写連関連のコンテスト・コンクール結果、活動報告、行事案内、加盟校各校の情報等を掲載します。

2016年10月

10月22日(土)、浜松駅ビルメイワン7階レストランフロアにて、県コンクール表彰式がありました。また、この日から1週間、入賞作品展が開催されます。

中日新聞HPでも一部の作品を見ることができますが、どうしても細かいところまでは見ることができません。A4版や四つ切の実物を見て、初めて気が付いたこともたくさんありました。また、「入選」の作品でさえ、一工夫(二工夫かも)した作品が多く、レベルの高さを感じました。

シャッターチャンスを狙った作品もありましたが、それだけでなく何か工夫すること、他の人が作らないような作品を作っていくことが、今後の入賞につながっていくのではないかと感じました。

事務局

ふじのくに芸術祭2016写真部門二次審査の発表がありました。一般・学生合わせて約300作品の応募があり、60作品が一次審査通過(この時点で「入選」)、二次審査で上位7作品を決定するものです。学生部門が設けられていないため、高校生の作品も、この道何十年も活動している大人たちの作品と一緒に審査されます。そのため一次審査通過でも難易度の高い審査です。静清高校が応募して次のような結果になりました。

優秀賞  「電気人間現る」静清高校  3年 太田 祐太郎
 入選  「視線の先に」 静清高校 3年 望月 聖也
 入選  「笑顔」    静清高校 2年 高橋 颯
 入選  「待つ時」   静清高校 1年 松浦 佳亮

また、10月23日(日)にはふじのくに芸術祭写真ワークショップが開催されました。静岡県写真連盟会長の芦澤伸治先生を講師に写真の基本を勉強しました。

事務局

第34回静岡県高等学校写真コンクール結果(中部高写連加盟校のみ)

 個人部門
 特別賞
(静岡県教育庁賞) 「激突」 東海大静岡翔洋高校 1年 斎藤 伊吹  ★
(メイワン賞)   「ふて寝」    静岡東高校 1年 八木 いづみ ★

 優秀賞     「Lonliness」    藤枝東高校  2年 塚本 侃太   ★
 優秀賞      「変顔」      静清高校  2年 高橋 颯    ★
 
 奨励賞     「兄弟の寝顔」  静岡学園高校 1年 桑原 詩織     ★
 奨励賞      「憧れ」    静岡学園高校 1年 柴田 真央     ★
 奨励賞      「喜び」    静岡学園高校 2年 遠藤 日和 
 奨励賞   「Can you eat me?」     清水東高校 1年 外岡 芽衣

 入選(学校名五十音順)
         「駄々っ子」   静岡学園高校 2年 山内 花観
          「桜」     静岡学園高校 2年 野上 崇光
         「真剣な顔」   静岡学園高校 1年 栗田 佳奈
         「RODEO」    静清高校 3年 太田 祐太郎
          「威嚇」      静清高校 3年 太田 祐太郎
         「一斉攻撃」東海大静岡翔洋高校 1年 斎藤 伊吹
        「成長の足跡」東海大静岡翔洋高校 1年 後町 和宏
        「大変な掃除」東海大静岡翔洋高校 1年 後町 和宏
        「波との合奏」東海大静岡翔洋高校 1年 飛田 梓実
       「ステキな時間」東海大静岡翔洋高校 1年 飛田 梓実
          「春」     焼津中央高校 2年 河村 遼亮

※ ★は県代表作品として来年度の全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文)写真部門に出品されます。

団体部門 
優良学校賞   東海大静岡翔洋高校   静岡学園高校

応募総数 3,210(デジタル 3,001 フィルム 209)
参加校 45校

表彰式(奨励賞以上および団体入賞校)
10月22日(土)13:30~ 浜松駅ビル メイワン7階レストランフロア

入賞作品展
10月22日(土)~28日(金)10:00~20:00
浜松駅ビル メイワン7階レストランフロア

入賞おめでとうございます。3,210作品の中から68作品が入賞します。応募総数に対して入賞作品数は2.1%、つまり、98%の作品は入賞できないことになります。一番下の「入選」に入るのでさえ、難易度の高いコンテストと言えます。たとえ「入選」でも、とても価値のある入賞です。県代表10作品中、6作品が中部地区から選出されています。藤枝東高校の塚本侃太君と静清高校の高橋颯君は、2年連続で県代表に選出されています。喜ばしい限りです。

平成28年度第1回写真教室で「落選」した作品が、今回の県コンクールで「入選」しました。同じ作品でも審査員によって評価が分かれることがよくあります。どのコンテストにも言えますが、過去に落選した作品でも、別のコンテストに出品したらひょっとすると入賞するかもしれません。

※個人部門でタイトルや名前に間違いがありましたら、静清高校青木まで連絡を下さい。

中日新聞HPはこちらから

事務局
                  

実施日:平成28年11月20日(日) 雨天決行
場 所:岐阜県中津川市(馬籠峠~馬籠宿、苗木城跡)
集合場所:静岡駅南口 スルガ銀行前付近
集合時間:7:20
行 程:静岡駅南口7:30出発
    馬籠峠11:00頃着
    馬籠峠~馬籠宿 散策しながら撮影
    馬籠宿14:30出発
    苗木遠山資料館15:10頃到着
    苗木城跡を1時間ほど撮影
    苗木遠山資料館16:15出発
    静岡駅南口19:30頃到着
    
持ち物:カメラ等撮影機材(バッテリーは必ず充電すること)、折りたたみ傘、ビ       ニール袋、タオル(雨対策:必要な場合)、携帯電話(自己責任で)、昼食代・飲み 物代・行き帰りの交通費、保険証(できれば原本、コピー可)、学生証
参加費:¥4,000(保険代込み)
申込み:学校ごと取りまとめて、11月11日(金)までに静清高校青木宛FAX又はメールにて参加人数をご連絡下さい。申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
その他:1.馬籠峠~馬籠宿間で道のわかりづらいところがあります。参加校顧問の先生は引率をお願いします。また、山道のため歩きやすい服装、靴でお願いします。
    2.参加確定後、参加費払込等のご案内をいたします。
    3.直前での参加人数変更は極力なきようお願いします。
    4.参加費納入後の返金には原則として応じられません。

すでに要項が届いていると思います。大型観光バス1台を貸し切っての講習会です。このような講習会、撮影会にたくさん参加する人ほど、良い作品ができる確率も高くなります。ぜひこの機会に参加してみて下さい。

事務局

日時:11月3日(木)10:00~12:00
会場:静岡学園高等学校 視聴覚室
講師:伊藤末夫先生
応募作品について(作品は学校ごとまとめて当日御持参下さい)
種類:デジタル、銀塩、カラー、モノクロいずれも可
サイズ:A4または四つ切(裏面には応募票を添付して下さい)
応募枚数:制限は特にありません。
入賞について最優秀賞1点  優秀賞5点  入選40点
出欠について:事務局までFAX又はメールにてご送付下さい。

注意:県コンクールで選外になった作品を返却します。選外作品の中からこれまでの写真教室に於いて未発表のものは、当日審査対象とします。開始前に選別をお願いします。新作も合わせて審査します。

応募票が必要な場合は下記URLにアクセスしてご利用下さい。コピーしても、また文字や欄が小さい場合は大きくしていただいても構いません。ただし、書式は変えないで下さい。
(URL→ダウンロード→ファイルを開くと順にアクセスするとword形式で表示されます)

このブログを見ている人(学校)で中部高写連に加盟していない学校がありましたら、この機会に中部高写連に加盟し、写真教室に参加しませんか。詳細は事務局(静岡学園高校内)まで御連絡ください。

事務局

県コンクールの審査が昨日行われ、その結果速報が今朝(10月8日付)の中日新聞県内版(P.16)に小さく掲載されています。興味のある人はご覧下さい。

結果の詳細は後日判明次第、ブログに掲載します。

事務局

↑このページのトップヘ